かつては日本橋人形町に吉原遊郭が
江戸のどのあたりにあったかと言うと、今の日本橋人形町( 旧・葺屋町) かつては、遊女町、傾城町とも呼ばれていました。
元和3年、1617年に幕府公認の吉原遊廓が誕生しました。
吉原の語源は、2説あると言われています。1つは、吉原の創設者・庄司甚内が東海道の吉原宿出身であったためという説と、 葦(=悪し)の 生い茂る低湿地帯だったのを転じて吉という縁起が良いものとしたという説があります。

なぜ幕府公認の吉原が作られたのか!徳川家康の駿府城城下には、家康公認の七カ丁ほどの広い敷地面積を有する遊郭があり、そのうちの五か丁が、家康の死後に、駿府から吉原に移したのが始まりとされています。
また、 江戸に散在していた遊女屋を一ヶ所に集めたいと庄司甚右衛門ら遊女屋稼業の者たちからの願いがあったため幕府が許可し作られた。
条件は、吉原遊郭設置場所以外では遊女屋は一切認めないこと。客は一昼夜以上、店にいてはならない。遊女は贅沢な着物を着てはいけない。遊郭は質素な佇まいとし、町役は他の江戸の町と同様にすること。身元不審の者は奉行所へ通報すること。

大火事による吉原の移転と火事の歴史
この人形町の遊郭は1657年の明暦の大火で吉原は焼失してしまった。
その大火で吉原も焼失し、それから、幕府の命により、新吉原が浅草に移転され、 以前の日本橋にあった吉原を元吉原とよんだ。
江戸では大火が何度かあり、1768年、1787年、1816年、1835年、1845年、1862年、1864年、1866年のそれぞれ大きな火事が起こり、吉原も大きな被害にあう。
再建されるまでは、浅草近隣に仮設の住宅などが作られていた。

吉原にいた女性たち
吉原にはどんな女性たちがいたのか。
ひとえに遊女といっても花魁・新造・禿など身分があり、江戸前期のトップクラスの遊女は和歌や茶道など教養を身に付けていた。
ドイツの考古学者は“ヨーロッパのそれとは違う。他の仕事に見劣りしないまっとうな仕事だ”と思ったとの事。

現在の地名にも残る吉原の跡
吉原の近くにある衣紋坂の由来
衣紋坂は遊客がここで衣紋を繕う、つまり身なりを整えたことに由来する。
見返り柳の意味!見返り柳は、衣紋坂入口の左にあって 石碑が建っていて、柳は当時からのものではなく、昭和時代に植えられた。帰る客が後ろ髪を引かれながら振り返ったとされた。

大門通りの由来
洲崎(現・江東区東陽)にあった洲崎遊郭の洲崎大門と吉原大門をつなぐ大門通りだったため大通り。別名は親不孝通りとも言う。

吉原神社は、吉原と関係
吉原神社は吉原にあった玄徳稲荷社と新吉原の四隅を守護していた榎本稲荷社などが合祀され、吉原遊郭の鎮守として創建された。

多くの遊女の墓所がある投げ込み寺とは!1922年(大正12年)関東大震災に逃げ遅れた遊女たちが、廓内にあった弁天池に飛び込み490名の犠牲者が出てしまった。
そして多くの遊女が 浄閑寺に放り込まれたことから投げ込み寺と呼ばれた。

今でも花街の名残は残していて、たまに浅草の観音裏なんかでは芸者さんを見かけることもある。また、花魁は吉原もお祭りの1つとなっていて、春に行なわれる。
“浅草観音うら一葉桜まつり”で花魁の練り歩く姿が・・・!
お祭りは、天候などでの変動がなければ4月の第2土曜日に開催!遊郭遊び以外にも浅草の観光もしてみては如何でしょうか!?